ワードプレスをtwitter連携するなら「WP to Twiiter」が簡単で便利!

ワードプレスをtwitter連携するなら「WP to Twiiter」が簡単で便利!

ワードプレスで投稿した記事を自動でTwitter連携したい場合があるかと思いますが、その際に便利なのが「WP to Twiiter」というプラグインです。
 今回は導入設定方法を紹介したいと思います。

WP to Twiiterプラグインのインストール

ワードプレスの管理パネル内メニュー「プラグイン」から「WP to Twiiter」をインストールします。

インストールできたら「有効化」でプラグインを有効化します。

初期設定

有効化すると管理パネルの左メニュー下部に「WP to Twiiter」というメニューが追加されますので、
そちらから初期設定を行います。

設定はシンプルでTwitterAPIKeyとAccessTokenを入力したら完了です。
 

ただTwitterAPIKeyとAccessTokenの取得が結構くせ者で躓きました。。
詳細はまた改めて詳しく紹介しようと思います。

投稿設定

投稿設定もこれまた簡単で記事を投稿した際にどんな文字をTwitterに投稿したいかを設定できます。
個人的にオススメなのはタイトルとハッシュタグ、リンクURLの3つを掲載させるパターンで以下のように設定します。

「#title# #url# #tags#」 

こうすることでハッシュタグ検索からの流入にも対応できますし、シンプルで分かりやすいかと思います。

 
他にも含めるタグの数など細かく設定できますが、とりあえずはこれで自動連携完了です。
後はいつも通り、記事をワードプレスで投稿すると自動的にTwitterに投稿してくれます。

 

関連:  ワードプレスでjQueryが自動読み込みされないようにする

あなたにオススメの記事

プロフィール

都内某リーマン 33歳

都内のAR・VR・WEB制作会社で働くリーマン。日々の出来事や新しい発見を皆さんに共有すべくなるだけ毎日更新中。
アーカイブ